換気を行なう

私達は毎日呼吸をするときは酸素を取り込んで不要になった二酸化炭素を排出しています。
家庭の中でも暖房器具などの機械を利用することによって二酸化炭素が出るので、普段から部屋の中を換気することによって酸素を部屋の中に取り込むことができます。
二酸化炭素や湿気などが多い室内だと呼吸がしづらく、カビや菌などが繁殖しやすい状態になってしまいます。
日頃から計画的に換気を行なうことによっていつも新鮮な空気を部屋全体に行き渡らせられます。
省エネ住宅を設計するときには高気密や高断熱の作りになっているので、一般的な住宅よりも換気が全体に行き渡らない状況にあります。
そのため省エネ住宅に住んでいる人は常に住宅全体の換気を行なう必要があります。
リビングやキッチンだけではなくトイレや浴室などの局所換気もすることで全体的に酸素を送り届けられます。
玄関などが空気の入り口として設定したら、最低2箇所は空気の出口を作る必要があります。

省エネ住宅ポイントは省エネ住宅を設計や建設したときに付与の対象となりますが、対象となる工事期間が設定されているので注意が必要です。
その期間に工事を行わなければ省エネ住宅ポイントを得ることができず、またポイント獲得するための申請にも期限が設けられています。
省エネ住宅ポイントを得るためには必要書類を記入して提出する必要がありますが、申請は直接窓口へ行くか郵送の方法で行えます。
一戸当たり最大で30万ポイントの省エネ住宅ポイントを獲得できるため、ポイントがあれば他の場所でも追加工事が行えます。

Design by Megapx Template by s-hoshino.com